MENU

赤い顔を改善

ご覧頂き、ありがとうございます。

 

ここは本気で赤い顔(赤ら顔)改善を考えている方のみに向けて製作したサイトです。

 

管理人の私も、長く赤い顔(赤ら顔)に悩んできました。
正しい知識と自分で可能な改善方法を知るだけで、自宅だけでもかなりの改善は可能です。

 

そして、更に上を望まれる方に、家庭用イオン導入美顔器での方法もご紹介いたします。
また、皮膚科での本格治療についてもご説明致します。

 

 

 

それでは早速ですが、以下のいづれかにピンときますか?

 

赤い顔(赤ら顔)を改善したい

何で、赤い顔になるの?

季節に関係なく顔が赤い

皮膚科での治療って?

まずは、自宅でできる事をしたい

家庭用美顔器での効果は?

赤い顔の病気って?

ビタミンKについて知りたい。。。

のぼせとほてりって?

年齢との関係ってあるの?

漢方でも治せるの?

顔が痒いんです

湿疹もできているみたい。。。

鼻がすごく赤い原因って?

ホットフラッシュって何?

ワーファリンを飲んでいるのですが。。。

 

顔が赤いとうだけでも、まだまだ疑問や質問はあります。
それは病気であったり、精神的問題であったりと
多くの原因が存在するのも事実です。

 

赤い顔治療の現状

赤アザ(赤ら顔、赤い顔)治療は、皮膚科や美容外科、
美容皮膚科の治療の中でも、とても発展が目覚ましい分野でもあります。

 

 

このような治療の進化は、治療用のレーザーが改良されて達成されつつあるものだといえます。

 

 

もともと、黒子やいぼを消すために使う炭酸ガスレーザーは大きな病院には設置されていることが多かったようです。
ですが皮膚科の病院で赤アザ治療用のダイレーザーを設置している事はほとんどなかったのです。

 

 

現在ではかなり一般に普及している、レーザーで治す方法です。

 

 

皮膚科で行う赤アザの治療では、経過観察、手術が一般的でした。手術を行う場合には、
全身に対して麻酔を行ったり、手術でアザの部分を撤去するため、傷跡が残ってしまうことが大きなデメリットでした。

 

 

さらに大きなアザの場合は、皮膚移植と言うとても大きな手術が必要になりました。
このような治療を行うためには、長期間の安静が必要になってきます。

 

これは一般的な日常生活を行う大きな声気になってしまうためとても決断が難しいものでした。
肉体的、精神的、経済的負担も大きいものでした。赤い顔や赤アザに対して、
レーザー治療が始まった当初は、
ダイレーザーに加えて、

  • Nライトレーサー
  • Vスターレーザー
  • ロングパルス
  • ヤグレーザー
が多かったようです。

 

 

近年では、赤アザ(赤い顔、赤ら顔)治療にダイレーザーを使い、
患者さんの負担を極力減らすことができています。

 

 

長く悩む事は精神的にも大きなマイナスをもたらし、
そのストレスはいずれ肉体的な問題を引き起こす引き金にもなりかねません。
レーザー治療の有効性についてもしっかりと把握しておくことが大切です。

 

ですが、病態によってはレザーを使用することができない場合があるため、
しっかりとその辺も予備知識として理解しておきたいですね。

 

赤ら顔専用の化粧水が登場!
>>>http://b-shiki.jp/特別キャンペーンサイト
7645

 

 

まず、よくある赤ら顔の原因からお話します。

赤ら顔、赤い顔、自宅でできる具体的改善方法!

1、ニキビ跡が関係

これには、ビタミンCの肌深層への直節投与が効果的です。

 

 

最初にお話した、家庭用美顔器を利用します。
イオン導入が可能なものであれば、
何でも大丈夫なのですが、ここでは特許取得と実績のあるものを1つだけご紹介しておきます。

 

 

ビタミンCには、

  1. 過剰な皮脂分泌を抑える→毛穴の開きを緩和
  2. 抗炎症作用→肌の炎症を鎮静化し穏やかな状態へ導く
  3. コラーゲンの生成→皮膚を内側からふっくらと持ち上げ、ニキビ跡のアバタを改善する効果を発揮

などの作用があります。

 

しかし、ビタミンCは、服用や単純塗布ではなかなか真皮層(肌の細胞を作る根幹部分)
まで行き届きません。
そのため、イオン導入などでの肌へ直接投与することがもっとも効果的とされています。

 

方法は、先に紹介した家庭用美顔器や美容皮膚科が一般的です。

 

2、温度差・緊張による赤ら顔

これには、特別な器具は必要ありません。

 

全身の血行不良が原因ですので、

  • 新陳代謝を促す為の適度な運動
  • 不規則な生活の改善、ストレス解消
  • 水分をこまめに取る
  • 朝洗顔時の冷水・温水の交互ケア(乾燥している場合は、洗顔料を使用しない)

が、効果的になります。

 

その他、自宅でできる血流マッサージ動画です^^

 

3、敏感肌

角質のバリヤ機能が弱まっているので、ピーリングや洗浄力の強い洗顔料はさける。

 

重要なのは、やさしい洗顔と保湿です。

 

 

それでも、お化粧に対してクレンジングをしっかりしたいのであれば、
やさしくクレンジング&洗顔後のイオン導出が効果的です。

赤い顔・赤ら顔専用ファンデーション&コンシーラー

  • 美顔器でのケアをやっている時間が無い
  • 緊急に赤ら顔を隠したい

 

そういった場合には赤ら顔専用ファンデーションが良いでしょう。

 

普通のファンデーションとは違い、赤い顔に有効な成分と保湿に徹底されているようです。
赤みに対するトーンコントロールがされている為、確実に隠したい方向けと言えるでしょう。

 

 

その他、赤ら顔の専用コンシーラーもあるようです。
私が知るかぎりではこちらのコンシーラーのみです。
赤ら顔専用コンシーラー詳細を見てみる

 

顔が赤いという状態は、肉体的な問題から精神的な問題まで幅広く発生します。
一瞬で改善することが難しい場合も多いので、ファンデーションやコンシーラーでカバーしつつ、
コンプレックスを抑えながらしっかり治してゆくのも大切かと思います。

赤い顔に専用のスキンケア

赤ら顔は毛細血管に問題があることが多く
スキンケアでは保湿と毛細血管へのアプローチが重要になります。

ここでは特許取得の化粧水やドクターズコスメをまとめています。

赤ら顔専用のスキンケアアイテム一覧

白漢しろ彩





  • 特許取得
  • 毛細血管の広がりを軽減できる唯一の化粧水
  • 敏感肌93%が肌への優しさを評価
  • 86%の被験者が赤みの軽減を実感
  • 和漢成分配合
  • 返金保証あり
>>しろ彩を公式サイトで詳しく見てみる
しろ彩の体験談
35歳主婦です。

目の下の毛穴が大きくて
昔から赤ら顔に悩んでいました。

もともとお肌が弱いので
肌に優しいファンデーションを使っているのですが
カバー力も弱いので周りから
「顔赤いよね」なんて無慈悲なことを言われていました。

基礎化粧品では
ちゃんと無添加とか選んでたのに
根本的な赤みが消えないのでした。


友だちにも似た赤ら顔の人がいて
その人に教えてもらったのがしろ彩です。

どうやら私の赤ら顔は毛細血管が問題らしく
酒さほどではないにしろ、保湿だけでは足りないとのこと

そこで毛細血管に影響を与えるしろ彩が良いかも?
って事になりました。


見た目は、普通の化粧水とか美容液って感じです。




少し白濁してます。

ニオイはしません。


説明書にはピリピリする人もいるって書いてありましたけど
私はぜんぜんピリピリしませんでした。

乾燥性敏感肌なのですが大丈夫でした。

実感としては
目の下の毛穴あたりの赤みが引いてきた気がします。

もちろん、まだ1回使っただけなので
継続してみます!

浸透力はスゴイと思いました。


これも説明書に書いてありましたが
重ね付けが良いですよ。

粉吹くほど乾燥していた口角下、小鼻の横なんかもしっとりしました。

保湿力もしっかりしているので化粧水としても信頼できると思います。

〜〜〜〜〜ここまで
>>「しろ彩」のキャンペーンはこちらの公式サイトを御覧ください

ビタKレッドXトナー化粧水


  • ビタミンK配合
  • 皮膚科医が開発(ドクターズコスメ)
>>「ビタKレッドXトナー」最新情報はこちらの公式サイトを御覧ください

赤ら顔・敏感肌用オールインワンクリーム


ウルウ・シェイクモイストミルク

【特徴】
  • 満足度98%
  • 口コミ総選挙アワード受賞
>>「ウルウ」最新情報はこちらの公式サイトを御覧ください


ティモティア保水バリアクリーム

  • 液晶セラミド配合
  • 初回500円キャンペーン中
>>「ティモティア」最新情報はこちらの公式サイトを御覧ください

オイズPBジェル


  • 5種類の美肌菌配合
  • 30日の返金保証つき(使いきってもOK)
>>「オイズPBジェル」最新情報はこちらの公式サイトを御覧ください

近年では、メスを使わない切らない治療が一般的になりつつあります。一般的に医療レーザーを使った治療を受ける際には、効果が高くて後遺症や合併症が少ないリスクの小さい治療法が良いと考えるはずです。最先端の医療レーザー治療や、高専治療法、光線力学療法などを扱うスキンケアクリニックなどでは、しっかりとしたメリットと、リスクについて、つまりデメリットについてきちんと説明してくれるところを選ぶことが重要です。中には、メリットばかりを伝えて、後遺症などが残ってしまった実例もあります。医療レーザーは基本的には後遺症や合併症が起こりにくいと安全性が認められているために使われているものです。つまり、使用する側の間違...
30歳を過ぎた女性では、年齢を重ねる事とともにふくらはぎに青い血管が浮き出てくる方が多いようです。ぼこぼこしていいるケースが多く、緊急を要する異常かと心配になる方も多いです。女性にとって足に目立つ血管が現れると言うのはとても深刻な悩みになることが多いでしょう。まずはファッション的な意味合いもありますが、健康面でも深刻になってしまう事も多いとされています。このふくらはぎ等に現れる青い血管を下肢静脈瘤といいます。青い血管が目立ち始めた段階ではまだ初期段階といえます。原因としては、妊娠や更年期などのホルモンバランスが崩れていることによって現れるとされています。長時間の立ち仕事や、足がむくんでしまった...
出産をしたことがある方の場合、妊娠線が残っている方は多いことでしょう。妊娠線は90パーセント以上の妊婦にできるとも言われています。下っ腹に最も多くできやすく、その他お腹、胸、おしり、太ももにもできることもあるとされています。女性なら分かるかと思いますが、妊娠線や肉割れを気にされる方はとても多いのです。今まで、具体的な対処法がなかった状態では、妊娠線ができてしまったら隠すことがメインになっていました。しかしながら、現在は医療レーザーによって、妊娠線を目立たないようにきれいにすることが可能になっています。妊娠線のほかに、帝王切開の跡が残っていることもあるかと思います。帝王切開の跡も、妊娠線や悪と同...
医療レーザーの場合、皮膚の疾患の治療のみと言うわけではありません。切り傷やすり傷、手術の傷跡、やけど、ケロイド跡もきれいにすることが可能であるとされています。中でも大きな事故や、大きな病気の手術の後に残ってしまった傷跡は、記憶と連動していることが多いため、できれば将来のためにも精神的にも早いうちにきれいに治したいと考える方も多いようです。このほか、近年では、美容外科で処置を受ける方が増えているため、フェイスリフト、ワキガ、脂肪吸引といった手術の後を目立たなくするために医療のレーザーを使っている方もいらっしゃいます。美容のために外科手術を受けたとしても、傷跡が気になってしまっては精神面では良い形...
近年では、思春期の学生に多かったニキビ痕の赤みに悩む20代の成人が増えています。これはいわゆる大人ニキビと言われています。一般的に皮膚科クリニックなどで行う治療は、レーザー治療光治療血小板皮膚再生法ケミカルピーリング高濃度ビタミンC療法など、あらゆる面からニキビ治療を行っていくことになります。大人ニキビや思春期ニキビ等による赤みに悩んでいる人の場合、ニキビそのものが問題になっているケースと、ニキビをきちんと直した後だと言うのに、その痕に残ってしまうニキビ痕やその赤みに悩んでいることが多いのです。一般的にはクレーターなどと呼ばれることが多く、皮膚の凸凹が問題も問題になることが多いとされています。...
イチゴ状血管腫は表面が膨らんでくる赤いアザになりますが、表面の盛り上がった部分が見られない赤いアザを単純性血管腫といいます。単純性血管腫は、イチゴ状血管腫のように、自然に消滅することはほとんどないとされています。年齢を重ねるとともに、薄い色から徐々に濃い褐色に近い色になってくることが多いとされています。単純性血管腫は、表皮の毛細血管が異変を起こすことによって発症するものです。直接的な原因は判明していませんが、男性よりも女性に見られることが多いとされています。顔や首などの部分の目立つ部分に発症しやすいため、しっかりとした治療を希望する方が多いのが特徴的です。若年層であればあるほど、表皮が薄いため...
イチゴ状血管腫は、新生児か乳幼児の頃に発症することが多い赤い斑点のような形になります。生後1週間ぐらいしてから現れることが多いとされています。生まれてすぐのころから発生することが多いアザで、比較的すぐに病院に心配になって診察に来ることが多いようです。その時の治療法としてはレーザー治療を選ぶ方が良いようです。またイチゴ状血管腫の場合年齢とともに色が薄くなってきて消えてしまうこともあります。ですが保護者の方のほとんどはレーザー治療を希望することが多いです。イチゴ状血管腫では、毛細血管や血管の細胞が異常に増えてしまい表面が盛り上がってくる症状が特徴になります。盛り上がってきた状態の表面はイチゴに似て...
赤い顔を治療するためには治療が1番効果的であるとされていましたが、これに対して最近はさらに深い病変部の治療ができる新しい機種が登場しています。
赤い顔の治療は、ダイレーザーが登場したことによって、とても大きな変化をとげました。以前、ダイレーザーによる治療がまだ発展していなかったときには冷凍凝固、電気凝固、切除、アルゴンレーザー等の治療法が行われていました。直接的な手法が違ってきますが、どれも赤い顔を始めとした赤アザなどを外科的に取り除く方法になります。ここではもちろん麻酔が必要になりますが、出血は避けられず、術後には身体や皮膚、精神的なダメージが大きく残ると言う問題点がありました。こういった問題を解決するために、ダイレーザーが開発・発展されています。古いノーマルタイプのものは、皮膚の浅い部分の病変治療しかできない病変部分の深い部分に組...
2014/12/27 19:20:27 |
赤ら顔に悩む方にはたくさんの原因があるかと思われますが、女性の場合、一番気になるのは毎日のメイクではないでしょうか?通常のファンデーションでは、しっかりカバーすることができても赤ら顔の肌には負担が大きすぎることもあります。お肌が弱い方はもちろん、脂漏性皮膚炎が原因での赤ら顔毛細血管が原因での赤ら顔の方でもファンデーション選びは重要です。特に毛細血管が透けて見えてしまう程の薄い肌をお持ちの方の場合、通常のファンデーションでは刺激が強すぎて、肌への負担が蓄積されている傾向にあります。ここでは皮膚科でも使用されているファンデについてお話致します。それはミネラルファンデーションです。多くのファッション...